ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:こぼれ球への対応を考えたシステム変更、攻守で賢く体を張ったプレーで得た勝利

スタジアムからの便り

【千葉vs岡山】レポート:こぼれ球への対応を考えたシステム変更、攻守で賢く体を張ったプレーで得た勝利

序盤から互いに攻め合う展開の中、バイタルエリアやペナルティエリアの横までボールを運び、攻撃を組み立てながらも決定機を作れずにいた千葉。それだけに、岡山の最初の決定機であり、岡...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

乾貴哉選手「アップ中にギジェルモコーチに『点を決めたら、俺に抱きつきに来い』って言われていた」

●乾貴哉選手:Q:3-1の勝利となりましたが、この勝利をどのように捉えていますか。「前半はあの1失点が響いてあんまりいい形ができなかったんですけど、後半は自分たちのできること...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

為田大貴選手「やっていてもうまくいっていると思います」船山貴之選手「(3トップと2トップ)両方使えるというのが強みだと思う」

●為田大貴選手:Q:試合を重ねるごとにフィット感が増している気がします。「そうですね。まあ、やっていてもうまくいっていると思いますし、まあ、チームもうまくいっていたので。そこ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

ラリベイ選手「自分自身に対してもっと自信がつくゴール」矢田旭選手「もっと僕らボランチがゲームを安定させられたらよかった」

●ラリベイ選手:Q:前半から振り返っていただきたいのですが、ラリベイ選手は前半から惜しいヘディングシュートがありました。「まあ、前半はあまりよくなかったです。今までの結果、先...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

【千葉vs岡山】プレビュー:フィニッシュの形にこだわりすぎず、ガムシャラにゴールを奪う気迫が勝利には必要

8試合勝利なし(4分4敗)だった京都と対戦した前節(第35節)の千葉は、前半から決定機を作ったものの決めきれずにノーゴール。90分に京都の田中マルクス闘莉王を狙ったFKを乾貴...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

他の号の記事

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

2019年11月24日、J2リーグ最終節の終了後、シーズンを終えてのクラブのセレモニーを終えたあと、佐藤勇人選手の引退セレモニーが行なわれた。DAZNの配信映像ですでにご覧に...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

試合後の記者会見で、江尻篤彦監督は失点の形について話した際に口にしたように『今季を象徴するような』一戦だった。江尻監督の言葉どおり、セットプレーから一発でやられることは少ない...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

佐藤勇人選手「最後に勝つことを見せられなかった。そこが自分の中で一番悔しかった」

●佐藤勇人選手:Q:今日は現役引退でのラストゲームとなりましたが、率直な感想をお願いします。「本当に今日スタジアムに入るまではすごく実感が湧いていなくて、自分でも信じられない...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

見木友哉選手「スタメンで使ってもらって、目に見える結果が欲しかった」

●見木友哉選手:Q:今日は最終節でスタメンに抜擢されて『やってやろう』という思いが強かったと思うのですが、どうでしたか。「そうですね。スタメンで使ってもらって、目に見える結果...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

小島秀仁選手「個人のレベルを上げるのはもちろんのこと、チームとしてどういう方向性でやっていくのかというのもまた1つ軸として持たないと」

●小島秀仁選手:Q:小島選手は前節(第41節・京都戦)から連続スタメンで、今日の試合に関しては序盤からボールを動かせていましたし、何とかフィニッシュに持ち込もうという形を狙っ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【千葉vs栃木】プレビュー:佐藤勇人と江尻篤彦監督のラストゲームだが、平常心で勝つことに集中して戦いたい

千葉にとって今季の公式戦のラストゲームであるJ2リーグ戦の最終節を迎える。この最終節はまた佐藤勇人にとっては現役最後の試合であり、江尻篤彦監督にとっては2度目の就任となった千...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

千葉にとっては、前節(第40節・東京V戦)に続いて決定機を作りながらも、そこでシュートを決めきれずに無得点と、もったいない試合となった。その一方で、前節はゴール前での粘り強い...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

第39節・金沢戦では相手のロングボールを使う攻撃への対応を考えてブロックを作る守備が奏功し、2-1と勝ちきった千葉は、前節(第40節)ではプレッシャーを受けてミスをする傾向が...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

キックオフから千葉は前からプレスをかけてボールを奪いに行き、後半の途中にその出足の鋭さが鈍って運動量が落ちると、選手たちが自ら判断してボールを奪いに行くラインを下げ、ブロック...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

Q:今日は試合を通して守備がすごくよかったと思うのですが、それについてはどのような意識でやっていたのですか。対ヴェルディみたいなところがあったり、狙いどころがハッキリしていた...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

●熊谷アンドリュー選手:Q:今日の守備は前からプレスをかけに行って、前節(第39節・金沢戦)とは違いましたが、前への意識がしっかり出たという感じでした。そのあたりを振り返って...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

為田大貴選手「(失点を)ゼロで抑えられたことをチームとしてプラスに捉えられればいい」

●為田大貴選手:Q:今日も左サイドからいい形で攻撃ができていたと思いますが、そのあたりの手応えとしてはいかがですか。「自分としてはいつもどおりかなという感じです」

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】プレビュー:引き分けでもJ2残留確定だが、アイデアのある動きの攻撃と粘り強い守備で勝利を狙う

前節(第39節)の千葉は、金沢がしっかりとパスをつなぐ一方で、ディフェンスラインの裏やターゲットになる垣田裕暉へロングボールを入れてくることから、前からプレスをかけに行ってボ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

複数失点の試合が続いていた中、セットプレーでの悔やまれる失点があったものの、今節の千葉は失点を1に抑えて2-1と勝ちきった。金沢の攻撃のスタイルを考え、前からのプレスは積極的...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

アランピニェイロ選手「点も取ったし、チームも勝って、もうみんなのおかげだと思います」

●アラン ピニェイロ選手:Q:前節(第38節・山口戦)はゴールを決めましたが、「試合に負けてしまって悔しい」と話されていました。しかし、今日はご自身がゴールを決めて勝ったとい...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

【千葉vs金沢】プレビュー:厳しいマークでサイド攻撃を封じて失点を阻止し、粘り強く人とボールが動いて攻める

第35節・山形戦で1-4の大敗を喫し、続く第36節・長崎戦は2-0と無失点勝利を挙げて迎えた第37節・柏戦は消極的な攻守が大きく影響して0-3と完敗した千葉。江尻篤彦は前節(...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

【山口vs千葉】レポート:攻守に『前へ』のプレーは復活傾向だが、寄せの甘さや判断など守備の弱さが出て敗戦

今節を含めた今季の残り5試合に向けて、江尻篤彦監督は10月24日の囲み取材で「もう一度守備で複数失点をしたくはない」という言葉を口にした。だが、結果は2-3と複数失点での敗戦...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【山口vs千葉】レポート:攻守に『前へ』のプレーは復活傾向だが、寄せの甘さや判断など守備の弱さが出て敗戦

バックナンバー(もっと見る)