ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:攻守で前へのハードワークは見せたが、プレーの精度や判断の問題でスコアレスドロー

【水戸vs千葉】レポート:攻守で前へのハードワークは見せたが、プレーの精度や判断の問題でスコアレスドロー

2024年03月28日 10:42 by akanuma_keiko
2024年03月28日 10:42 by akanuma_keiko

千葉の連敗は止まった。そして、失点も止まった。ただし、今季のJ2リーグ戦では初めて無得点に終わった。水戸がディフェンスラインの背後のスペースを狙うロングパスを出すのに対して、スタメン起用となった久保庭良太は長所であるスピードを生かしたカバーリングを披露。守備陣だけでなくチーム全体として粘り強い守備を見せた。ただ、実際には決定機数では水戸が千葉を上回り、水戸のシュートの精度不足を含めた決定力不足に助けられた場面もあった。また、無得点に終わった攻撃にはやはり物足りなさが否めなかった。試合後の選手の話などではピッチの芝が長く、またDAZNの配信映像で見てもピッチの芝の色は一定ではなかったため、芝の長さや状態は場所によっての違いもかなりあったかもしれない。そういった影響によるボールコントロールの難しさもあったのだろうが、攻撃ではロングボールの多用が目についたし、特に前半はシュートへの積極性を欠くようなプレーも見られた。結果的に勝点1を得ることはできたが、J2優勝を目指しているだけに、やはり勝点3を取れなかったのは痛かったし、もっと工夫や勇気があれば勝点3を取れたのではなかったかと思わされる一戦だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】プレビュー:前節の徳島に続き近年は相性の悪い大分に、攻守で工夫と対応力を発揮して3連勝を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)