ジェフ便り

【千葉vs栃木】レポート:攻守のポイントを勇気あるプレーで体現し、1試合の最多得点記録更新の8-0の大勝

【千葉vs栃木】プレビュー:堅守を崩すには状況判断やアイデアが必要で、責任感と勇気のあるプレーを貫きたい

2024年04月03日 15:56 by akanuma_keiko
2024年04月03日 15:56 by akanuma_keiko

 

前節(第7節・熊本戦)は、水戸とスコアレスドローに終わった前々節(第6節)ではシュートを1本しか打てなかった小森飛絢が6本のシュートを打ち、決定機を作っていた千葉。ただ、小森に対するマークは厳しく、小森の動きのうまさで相手をかわしてシュートに持ちこんだ場面もあった。小森自身が自分が1回でも決定機を決めていれば勝てたと悔やんだように、確かにそういった面もあるが、小森以外の選手が決定機を多く作れたかというと厳しかった。選手個々のシュートの精度という決定力はもちろん、チーム全体としていかに多くの選手が数多くの得点機を作れるか。開幕当初から続いた複数得点試合、前節終了時点でチームの総得点数12がJ2リーグでトップという結果の陰に隠れていたチームとしての攻撃の課題が、改めて突き付けられた一戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】プレビュー:前節の徳島に続き近年は相性の悪い大分に、攻守で工夫と対応力を発揮して3連勝を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)