ジェフ便り

【熊本vs千葉】レポート:シュートの精度不足以外の攻撃の問題もあり、不運な判定のPKでの失点で0-1の敗戦

【熊本vs千葉】レポート:シュートの精度不足以外の攻撃の問題もあり、不運な判定のPKでの失点で0-1の敗戦

2024年04月03日 11:01 by akanuma_keiko
2024年04月03日 11:01 by akanuma_keiko

千葉にとって非常に悔しい結果となった。公式記録では試合を通して12本、後半の猛攻では9本のシュートを打ったものの無得点。また、スコアレスドローに終わった前節(第6節・水戸戦)ではいいパスが入らず、試合を通してシュートがわずか1本に終わった小森飛絢は、今節では6本(後半は5本)のシュートを打てていた。ただし、難しい体勢でのものもあり、小森に対する相手のマークの厳しさや小森自身の状況判断とともに、小森以外の選手がいかにシュートを打っていくかという組織面も気になった。いかにフィニッシュに持っていくかという組み立ての部分での共通認識やアイデア、そしてプレーそのものの精度。今季の開幕時から数試合は複数得点が取れていたことから、あまり注目されていなかった部分の問題点が、次第に露わになってきたといえる。また、今節の対戦相手の熊本には決定機を多くは作らせていなかったが、競り合い時に風間宏矢の動きがファウルと判定され、熊本に与えられたPKを決められて失点。結果的にこの『1点』が重くのしかかる形で千葉は0-1で敗れ、今節を含めた直近4試合は1分3敗と苦しい状況となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】プレビュー:前節の徳島に続き近年は相性の悪い大分に、攻守で工夫と対応力を発揮して3連勝を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)