ジェフ便り

【熊本vs千葉】レポート:シュートの精度不足以外の攻撃の問題もあり、不運な判定のPKでの失点で0-1の敗戦

ドゥドゥ選手「常にゴールという形でも、アシストという形でも、チームの助けにならないといけないと自分を追い込むようにはしています」

2024年03月29日 11:54 by akanuma_keiko
2024年03月29日 11:54 by akanuma_keiko

〇ドゥドゥ選手:

Q:前節(第6節)の水戸戦は本当にタフな試合だったと思いますが、振り返ってみていかがですか。
「自分たちが狙いとして準備してきたものがすごく出せた試合だったのかなと思っていますけれども、攻撃の回数は多かったんですが、残念なことにシュート数はそこまで多くはなかったです。ただ、自分たちが準備してきたこと、(相手のディフェンスラインの)裏に抜けるとか、1対1のバトルで勝つこと、デュエルで勝つこととか、そういうことは表現できたゲームだったのかなとは思っています。水戸さんも非常に強く当たってくる、すごくタフなチームでもありましたけども、ただ、自分たちとしては狙いを表現できたことは1つのいいことだとは思います。でも、何よりも勝てなかったということが非常に残念だったなと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小林慶行監督「(秋田は)信念を持って自分たちのサッカーを90分プラスアルファ、徹底して戦えるチーム」

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

日高大選手「(試合開始の)笛が鳴った瞬間から相手を圧倒するつもりでやりたいです」

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

鈴木大輔選手「(秋田の印象は)やってくることは一貫しているというか、徹底してくるチーム」

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)