ジェフ便り

【熊本vs千葉】レポート:シュートの精度不足以外の攻撃の問題もあり、不運な判定のPKでの失点で0-1の敗戦

横山暁之選手「ボールを奪ったあとにその狭いスペースをどれだけ早く回避していくかというところは、自分たちがチャンスを作るうえでは大事になってくるポイントかなと思っています」

2024年03月30日 08:46 by akanuma_keiko
2024年03月30日 08:46 by akanuma_keiko

〇横山暁之選手:

Q:どこのポジションでもこなせてしまう横山選手だとは思うのですが、改めてボランチでプレーしている時、攻撃面ではもう1つ前のポジションよりは持ち味を出せないかもしれないのですが、ボランチでのプレーで意識しているのはどんなことですか。
「守備でのタスクがだいぶ変わってくるので、トランジション(攻守の切り替え)の部分でボールを奪われた時に、しっかりと自分のポジションに戻れる距離というのを意識しています」

Q:J2第5節・清水戦の試合後、(横山選手とダブルボランチを組んでいた)小林祐介選手にお話を聞いたら、どちらが守備で、どちらが攻撃とは決めていないけど、横山選手をなるべく前に出すことを意識しているとお話しされていました。そういったことは少し感じながら、得点にという部分も横山選手も意識されているのでしょうか。
「そうですね。それはボランチでプレーしていても、トップ下でプレーしていても変わらず、得点に関与するというのは意識しています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小林慶行監督「(秋田は)信念を持って自分たちのサッカーを90分プラスアルファ、徹底して戦えるチーム」

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

日高大選手「(試合開始の)笛が鳴った瞬間から相手を圧倒するつもりでやりたいです」

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

鈴木大輔選手「(秋田の印象は)やってくることは一貫しているというか、徹底してくるチーム」

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)