ジェフ便り

【熊本vs千葉】レポート:シュートの精度不足以外の攻撃の問題もあり、不運な判定のPKでの失点で0-1の敗戦

【熊本vs千葉】プレビュー:流動的に攻める熊本の選手を厳しくマークし、マークを外すアイデアのある攻撃を目指す

2024年03月30日 12:26 by akanuma_keiko
2024年03月30日 12:26 by akanuma_keiko

第5節・清水戦まで無失点試合が第2節・藤枝戦だけで、第4節・鹿児島戦は4失点、前述の清水戦は3失点と複数失点が続いていた千葉。しかし、前節(第6節)の水戸戦は、水戸の決定力不足に助けられた場面もあったとはいえ、チーム全体として最後のところで体を張る守備を見せ、鈴木大輔に代わってスタメン出場した久保庭良太がスピードのあるカバーリングを披露するなどして、失点をゼロに抑えた。ただ、その一方で、今季のJ2リーグ戦では前述の清水戦まで無得点試合がなかったのが、前節は無得点に終わり、結果はスコアレスドローで勝点1を得るというものだった。3月28日のオンラインでの囲み取材で筆者の質問に答えた小林慶行監督は、水戸戦でのピッチ状態の悪さを改めて口にして、その影響による攻撃時の技術的な一つひとつの細かいミスから、フィニッシュまでのプレーに少しずつズレが出て相手の守備に阻まれたと話した。そして、その改善はトレーニングでやっていくしかないということなのだが、ピッチ状態を考慮したプレーをより意識してゴールを奪う作業をしなければならない必要性を感じさせられた一戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】プレビュー:前節の徳島に続き近年は相性の悪い大分に、攻守で工夫と対応力を発揮して3連勝を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)