ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:前半は複数の決定機を作るも決められず、後半に見事な連係から『1点』を奪って勝利

見木友哉選手「(西久保選手に)ベンチに戻った時に『あれ、狙ったの?』って聞いたら、『狙った』って。『ホントかい?』って思ったんですけど、しっかり見てくれて嬉しかったです」

2022年09月12日 12:57 by akanuma_keiko
2022年09月12日 12:57 by akanuma_keiko

●見木友哉選手:

「(チャン)ミンギュが(櫻川)ソロモンにいい縦パスを入れられたのと、そこに至るまで相手がマンツーマン気味で来るというところで、縦パスのコースが空いたというのはうまくできたのかなと思います。ソロモンが右に展開して、たぶんニシ(西久保駿介選手)からトシくん(高木俊幸選手)に1回、クロスが入ってトシくんが切り返して、自分はトシくんへのクロスのところでGKとDFの間に入り込んで、そこで切り返してもう1回、ニシに(ボールが)入った時にうまくシュート性のボールが欲しいなというところで、うまくポジションをとったら本当にシュート性のいいボールが来たので。うまく面を作って合わせることができました」

Q:さっき、西久保選手本人に聞いたら、見木選手へのクロスだったと言っていました。

「ああ、そうですか(笑)。俺、ベンチに戻った時に『あれ、狙ったの?』って聞いたら、『狙った』って。『ホントかい?』って思ったんですけど、しっかり見てくれて嬉しかったです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】プレビュー:流動的なポジションでのパスワークに対応し、カウンター攻撃を生かして3連勝を狙う

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【岩手vs千葉】レポート:岩手に多くの決定機を作られるも1失点で、試合内容は悪くとも2点を取って競り勝つ

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)