ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:前半は複数の決定機を作るも決められず、後半に見事な連係から『1点』を奪って勝利

尹晶煥監督「3年間チャンスをくれたクラブにはすごく感謝していますし、すごく期待されたところでこれしかできなかったというのはちょっと悔しいんですけど、会社の決断はリスペクトしないといけないです。ただ(シーズンの)最後までやらせてもらえるので、プロらしく最後までやっていくしかないと思います」

2022年09月10日 07:13 by akanuma_keiko
2022年09月10日 07:13 by akanuma_keiko

写真=2022年8月16日撮影(クラブ提供)

●尹晶煥監督:
Q:まず、前節(第34節)の長崎戦を振り返っていただきたいのですがが、攻め込む時間もあった中で点を取れなくて無得点負けというところで、尹監督もおっしゃったように攻撃面の課題が浮き彫りになった試合だったのかなと思います。あの試合を振り返って監督が感じていらっしゃること、今週のトレーニングで選手に伝えたことはどのようなことですか。

「2点、3点入る時もありますけど、チャンスが来た時に決めるところがサッカーでは一番大事だと思います。そういうところで勝負が決まると思うので。逆に、相手は少ないチャンスで点を決めてきたので、こういう結果になってしまいました。でも、選手たちは積極的にプレーをしてくれていたし、意欲や意志もすごく見せてくれたので。まあ、結果はそうなっていますけど、やっぱり続けてやることが大事だと思います。決定力のところはすぐに伸びるものではないので。選手たちが一つひとつ、シュートの場面で自信を持って枠に入れるようなイメージ(でプレーすること)がすごく大事だと思います。それを練習していないわけではないんですけど、試合でそれを使えるかどうかの問題じゃないかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

熊谷アンドリュー選手「(フクアリでの声出し応援は)やっぱり久しぶりなので、気持ちも入ると思うので、全力で試合に挑みたいと思っています」

【熊本戦直前レポート】熊谷アンドリュー選手「(フクアリでの声出し応援は)やっぱり久しぶりなので、気持ちも入ると思うので、全力で試合に挑みたいと思っています」

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合で、アウェイ2試合目なので、選手たちも体力的にけっこう疲れていると思うんですけど、でも、積極的にいきたい気持ちはあります」

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

田邉秀斗選手「どんな勝ち方でもいいので6位以内には入りたい」

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)