ジェフ便り

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

【J1昇格プレーオフ準決勝】プレビュー:これまでの積み重ねで7連勝を達成したチーム力を発揮し、決勝進出へ勝ちきりたい

2017年11月26日 07:41 by akanuma_keiko

2010年シーズンからJ2リーグで戦うようになってから、千葉は毎シーズン、J1昇格(2012年のJ1昇格プレーオフ導入後はJ1自動昇格)を目標に掲げてきた。だが、その目標はなかなか達成できず、2015年シーズンは9位、そして2016年シーズンは11位という戦績で、J1昇格プレーオフに進出すらできないほど千葉は弱くなってしまっていた。「選手個々の能力は高い」「J2にいるクラブではない」と自他ともに口にしていても、結果を残せていなければ『弱い』チームでしかないのだ。

だが、今季の千葉はシーズンインから徐々にフアン エスナイデル監督のチーム戦術を習得し、さらにそれを選手がピッチの中で判断して調整しながらプレーすることで『強い』チームへと成長してきた。そして、最終節の横浜FC戦で後半のアディショナルタイムの近藤直也のゴールによって逆転勝利を収め、クラブのリーグ戦の連勝記録を更新する7連勝を初めて達成。J1昇格プレーオフ進出を目指した松本、そして東京Vと徳島の試合結果により、第41節終了時の8位から6位に浮上して、J1昇格プレーオフに進出した。千葉にとっては3位で出場した2014年以来のJ1昇格プレーオフとなる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

【町田vs千葉】レポート:町田の縦パスにしっかり対応した守備、適切な距離感の攻撃で2-0の無失点勝利

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)