ジェフ便り

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

【直前レポート】相手の守備網の間をかいくぐるパスワークと走力を生かした運動量の多さで勝ちきる

2017年11月25日 19:48 by akanuma_keiko

【写真】ホワイトボードでの説明を見て、4グループに分かれてのフィールドプレーヤーが6対6のミニゲーム形式のトレーニングの準備をする選手たち

まず今週も先週までとはいかないものの、体調不良もあって筆者の練習取材開始時間が遅れてしまったことをお詫びいたします。さらに、いつも使用している一眼レフの望遠用のレンズに少し不具合があり、いつもとは違うレンズを使用したこともあって、写真の鮮明さがいつもよりもさらに劣ってしまっていることもお詫びいたします。

気温は決して高いとはいえないものの、快晴の陽射しの熱気もあって日向でじっとしていると、風が吹かないぶん暖かささえ感じられた11月24日のユナイテッドパーク。10時からスタートした練習のメニューは、J1昇格プレーオフ準決勝の前々日であっても、ここ最近のJ2リーグ戦の前々日の練習メニューとは大きな差はなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)