ジェフ便り

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

【直前レポート】相手の守備網の間をかいくぐるパスワークと走力を生かした運動量の多さで勝ちきる

2017年11月25日 19:48 by akanuma_keiko

【写真】ホワイトボードでの説明を見て、4グループに分かれてのフィールドプレーヤーが6対6のミニゲーム形式のトレーニングの準備をする選手たち

まず今週も先週までとはいかないものの、体調不良もあって筆者の練習取材開始時間が遅れてしまったことをお詫びいたします。さらに、いつも使用している一眼レフの望遠用のレンズに少し不具合があり、いつもとは違うレンズを使用したこともあって、写真の鮮明さがいつもよりもさらに劣ってしまっていることもお詫びいたします。

気温は決して高いとはいえないものの、快晴の陽射しの熱気もあって日向でじっとしていると、風が吹かないぶん暖かささえ感じられた11月24日のユナイテッドパーク。10時からスタートした練習のメニューは、J1昇格プレーオフ準決勝の前々日であっても、ここ最近のJ2リーグ戦の前々日の練習メニューとは大きな差はなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【直前レポート】ゴール前では特に相手を厳しくマークし、素早い攻守の切り替えでシュートに持ちこむ

【千葉vs金沢】試合後の選手コメント(熊谷アンドリュー、山本真希)

【無料掲載】7/13練習の様子(写真6枚)

【千葉vs金沢】試合後の選手コメント(熊谷アンドリュー、山本真希)

乾貴哉選手「失点が多いので、初めはちゃんと守備からやりつつ、攻撃では最後のクオリティを上げていきたい」

【千葉vs金沢】試合後の選手コメント(熊谷アンドリュー、山本真希)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)