ジェフ便り

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

比嘉祐介選手「アシストを一番狙いながらやっていきたい」

2017年11月26日 07:31 by akanuma_keiko

【写真】名古屋との前回対戦(第41節)からまたスタメン出場を続けている比嘉祐介は、J1昇格プレーオフ準決勝で「自分はやっぱりアシストをしたい」と言っていた。

●比嘉祐介選手:
Q:最終節の横浜FC戦は特に後半、比嘉選手もかなり攻め上がって惜しいシュートも打っていましたね。
「勝つには点を取らないといけなかったので、ここは行けるんだったら行こうと思って。タメ(為田大貴)もいい感じで攻めていたので。でも、まあ、自分のシュートは決まれば、それはそれでよかったですけど、やっぱりクロスでアシストがしたかったですね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「全選手が前節の試合と同様に一致団結した試合を見せられるように準備をしています」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

ゲリア選手「松本にボールを多少持たれることは想定しているので、そういうところを含めてゲームをコントロールしたい」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

新井一耀選手「良かったところが続いていかなかったりするのが、正直、今の現状だと思うので、そこを変えていかなきゃいけない」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)