ジェフ便り

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

フアン エスナイデル監督「楽しむことができればいい試合になる」

2017年11月25日 19:37 by akanuma_keiko

【写真】ビルドアップからシュート練習を行う選手たちのプレーの様子を見てチェックしているフアン エスナイデル監督。

●フアン エスナイデル監督:

Q:J2リーグ戦の最終節の試合後にクラブからのリリースで監督の契約更新による続投が発表されましたが、改めてそのことについてお話をお聞かせ願えますか。
「まあ、まずは嬉しいです。来年もまた続くことに関しては本当に希望を持ってやっています。今シーズンの残りはどう終わるかわかりませんが、それは別にしてもまだまだ今シーズンよりはよくしたいと思いますし、来シーズンはチームとして、そしてクラブとしてどのように成長できるかというのが本当に楽しみです。そういう意味では今シーズンと来シーズンの間のオフを楽しみたいと思いますが、ただ、キャンプなどについてのプランをもう立てています。ただ、来シーズンもここにいるということだけでも嬉しく思いますし、感謝しています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もちろん自分たちのサッカーをやらないといけないとは思います。ただ、守備の時間が長くなると思うので、その集中力のところを90分間保っていれば、僕らにもチャンスは絶対あると思う」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

新井章太選手「(川崎は)育ててもらった大事なクラブですし、僕にとって大切なチーム。だけど、今、僕が所属しているのはジェフなので、もう絶対にそんなことは頭に入れず、ジェフのゴールを守ることだけに集中して、しっかり全部止めたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「今回はやりづらさを感じているのは向こう(川崎)のほうなので、そういう隙をしっかり突いてやっていきたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)