ジェフ便り

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

佐藤勇人「今まで関わってくれた全ての人たちのためにも、次につなげたい」

2017年11月25日 19:35 by akanuma_keiko

【写真】佐藤勇人はJ1昇格プレーオフ準決勝に向けて「今年のメンバーはもちろん、今まで関わってくれた全ての人たちのためにもまずは名古屋に勝って、次につなげたい」と語った。

●佐藤勇人選手:
Q:名古屋との前回対戦(第41節)では熊谷アンドリュー選手とのダブルボランチが連係よく機能して、中盤でも主導権を握っていましたね。
「ダブルボランチのところにボールを預けるところから名古屋(の攻撃)はスタートするので、そこはもうボランチの自分たち、アンドと自分が強く行って、そこで(ボールを)奪えればチャンスですし、そこは絶対に狙って行きます。でも、ボールサイドの人はあそこに行きますけど、もう1人のボランチはやっぱりそこを飛ばされた時のシモビッチのところで、うちのディフェンスの選手と挟めるような形を絶対作っていきたいなと思いますし、そこはアンドとうちのセンターバックとの4人で試合中、コミュニケーションが必要なので、やり続けたいと思いますね」

Q:前回の対戦を振り返ると、勇人選手は最初の時間帯で佐藤寿人選手にガツンと行きまして、またその2試合後に再戦ということになりますけど。
「そうですね。まあ、同じように自分としてはものすごいワクワク感と『やってやろう』っていう気持ちが強いです。自分なんかはJ1昇格プレーオフの厳しさもすごく知っているのとJ1昇格プレーオフの悔しい思いも持っているので、そういう意味でも相手が寿人の名古屋というところで、最初から厳しく行こうかなと思います。そこには本当に兄弟とか家族とか関係なく、ジェフのプライドとして、誇りを持ってピッチに立ちたいなと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「全選手が前節の試合と同様に一致団結した試合を見せられるように準備をしています」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

ゲリア選手「松本にボールを多少持たれることは想定しているので、そういうところを含めてゲームをコントロールしたい」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

新井一耀選手「良かったところが続いていかなかったりするのが、正直、今の現状だと思うので、そこを変えていかなきゃいけない」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)