ジェフ便り

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

近藤直也選手「選手一人ひとりが浮ついた気持ちにならない。自分たちのサッカーをいつも通りやっていこうと」

2017年11月26日 07:32 by akanuma_keiko

【写真】J1昇格プレーオフ準決勝に対して「リーグ戦の延長のような感じ」と平常心で臨み、ただひたすら勝利を目指すという近藤直也。

●近藤直也選手:
Q:まずは改めて最終節では見事な逆転ゴールでした。試合後にもお話をお聞きしましたが、CKの清武功暉選手と話をして狙いに行ったゴールだったんですよね。
「まあ、もうあの時間帯なので、もちろんみんなゴールを狙いに行きましたし、(佐藤)優也も上がってきましたし、その中で功暉がPKスポットあたりを狙うと行っていたので。まあ、ニアサイドに入りすぎず、ニアサイドの相手選手のそのゾーンの後ろのところに構えて待っていましたけど」

Q:あとで映像を見直すと優也選手がニアサイドに動いたので、若干相手選手もそちらにちょっとつられたのかなという感じもしましたが。
「どうなんすかね。まあ、でも、相手もゾーン守備なので。マンツーマンじゃないので、そこらへんはわからないですけど、大きい選手が前にみんな行ったので、それも少しあるかなっていう気がします。でも、自分としてはもう時間差があるので、あの瞬間ほどの感動はないし、あれでJ1昇格が決まったわけではないので」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「自分たちの価値を高めるために、目の前の一つひとつの試合で勝利をつかむことが大事」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「ゴール前のところでもう少し人数をかけられるように、自分も含めて積極的に攻撃参加していきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

見木友哉選手「相手のプレスを外すことが一番のポイントかなと、個人的には思います」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)