ジェフ便り

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

近藤直也選手「選手一人ひとりが浮ついた気持ちにならない。自分たちのサッカーをいつも通りやっていこうと」

2017年11月26日 07:32 by akanuma_keiko

【写真】J1昇格プレーオフ準決勝に対して「リーグ戦の延長のような感じ」と平常心で臨み、ただひたすら勝利を目指すという近藤直也。

●近藤直也選手:
Q:まずは改めて最終節では見事な逆転ゴールでした。試合後にもお話をお聞きしましたが、CKの清武功暉選手と話をして狙いに行ったゴールだったんですよね。
「まあ、もうあの時間帯なので、もちろんみんなゴールを狙いに行きましたし、(佐藤)優也も上がってきましたし、その中で功暉がPKスポットあたりを狙うと行っていたので。まあ、ニアサイドに入りすぎず、ニアサイドの相手選手のそのゾーンの後ろのところに構えて待っていましたけど」

Q:あとで映像を見直すと優也選手がニアサイドに動いたので、若干相手選手もそちらにちょっとつられたのかなという感じもしましたが。
「どうなんすかね。まあ、でも、相手もゾーン守備なので。マンツーマンじゃないので、そこらへんはわからないですけど、大きい選手が前にみんな行ったので、それも少しあるかなっていう気がします。でも、自分としてはもう時間差があるので、あの瞬間ほどの感動はないし、あれでJ1昇格が決まったわけではないので」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)