ジェフ便り

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

2017年11月27日 17:55 by akanuma_keiko

さまざまな面で大きな悔いが残るJ1昇格プレーオフの準決勝での敗退、J1昇格争いの終戦となった。相手はJ2リーグ戦での2回の対戦(スコアは第3節が2-0、第41節が3-0)でいずれも千葉が勝利を収めた名古屋だったが、特に前回対戦を受けての千葉対策ともいえる変化に柔軟に対応できなかった。試合終了までほとんどの時間帯で千葉は主導権を握ることができず、名古屋ペースで進んだ試合の結果は2-4の敗戦。来季の千葉はJ2で9シーズン目の戦いを迎えることが決まった。

この一戦の千葉は、2-1の逆転勝利を収めてクラブの連勝記録更新の7連勝を達成したJ2リーグ戦の最終節・横浜FC戦と同じスタメンで、なおかつ名古屋との前回対戦とも同じスタメンだった。一方、名古屋もまた2-0で勝った最終節・讃岐戦と同じスタメンで、千葉との前回対戦時からのスタメン変更は玉田圭司からシモビッチの1人だけ。しかし、このシモビッチのスタメン起用、そして最終節とは同じスタメンながらも最終節は4-2-2-2だったシステムを3-2-4-1に変更したことが、名古屋には奏功した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

矢田旭選手「ああいうのをこじ開けて行かないと来年もまた厳しい戦いになる」

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

船山貴之選手「自分達らしいサッカーっていうのが全くできないで終わった」

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)