ジェフ便り

【相模原vs千葉】レポート:主導権を握り続けてもシュートの精度不足で、セットプレーから失点して0-1の敗戦

記事タイトル一覧

【相模原vs千葉】レポート:主導権を握り続けてもシュートの精度不足で、セットプレーから失点して0-1の敗戦

記事テーマ:スタジアムからの便り

千葉はまたしても同じ過ちを繰り返してしまった。前回対戦と同様に、千葉がペースをつかんで優位に攻めながらも決定機で決めきれず、千葉の攻撃に粘り強く耐えた相模原が少ないチャンスをモノにする。セットプレーが前回対戦はロングスローで、相模原がそこからの3本の連続...

akanuma_keiko akanuma_keiko

小林祐介選手「(得点チャンスで)決めきるべきところで先に先制点を取っていれば、もっと違う展開になっていたと思います」

記事テーマ:スタジアムからの便り

〇小林祐介選手:Q:負傷明けで久々のスタメン出場でしたが、率直に今日の試合を振り返っての感想と、ご自身のプレーを振り返っての感想を教えていただけますか。「ここ3試合くらいチームの流れが良くて、そこに自分が入って流れを止めないように、いい流れのままでという...

akanuma_keiko akanuma_keiko

鈴木大輔選手「相模原の集中力が自分たちを上回ったというか、それをもう認めざるを得ない試合でした」

記事テーマ:スタジアムからの便り

〇鈴木大輔選手:Q:今日はミラーゲームとなった中で、かなり相手を押し込んでいた時間も長く、相手に攻撃でポイントを作らせずにいて、相手の得点になったCKの場面以外は千葉の時間だったという試合だったと思います。改めて今日の試合を振り返っていただけますか。「自...

akanuma_keiko akanuma_keiko

【相模原vs千葉】プレビュー:前回対戦時とは大きく違う相模原に勝つには、粘り強い守備と多彩な攻撃が必要不可欠

記事テーマ:スタジアムからの便り

■明治安田生命J2リーグ 第28節9月4日(土)相模原vs千葉(18:00KICK OFF/ギオンス)----------J2リーグ戦はすべてアウェイゲームでの3連戦の3戦目という状況下の長崎と対戦した前節(第27節)の千葉は、その長崎に疲労の蓄積の影響...

akanuma_keiko akanuma_keiko

尹晶煥監督「今のいい雰囲気を、この流れをつなげていくためにも次の試合がすごく大事と言っているので、もう一回ミーティングの時に話をしようと思っています」

記事テーマ:ユナパからの便り

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)〇尹晶煥監督Q:前節(第27節)の長崎戦は何度見返しても本当に楽しい、完璧なというか、いいゲームだったと思うのですが、改めて尹監督ご自身があのゲームにおいて一番ポジティブだと思っているところは、どのようなところ...

akanuma_keiko akanuma_keiko

チャンミンギュ選手「(相模原は)監督が変わったことによって、上位陣と試合をしても本当に引けを取らない、互角の展開を見せているので、そういう部分では気をつけないといけない」

記事テーマ:ユナパからの便り

※2021年4月22日撮影(クラブ提供)●チャン ミンギュ選手:Q:前節(第27節)の長崎戦について、尹晶煥監督は攻守が完璧に近い内容だったと言っていましたが、ミンギュ選手は手応えのところは実際にどうだったでしょうか。「2-0で勝ったことは本当にいいこと...

akanuma_keiko akanuma_keiko

矢田旭選手「ここ2試合はいい距離感で味方と(プレー)できているし、崩しのところにも関われている」

記事テーマ:ユナパからの便り

写真=2020年2月20日撮影○矢田旭選手Q:第26節・甲府戦で頭を負傷されましたが、大丈夫ですか。「痛かったですけど、今ではもう良くなりました。もう抜糸もして、まだちょっと痛いですけど、サッカーをやる分には大丈夫です」Q:ヘディングの怖さもないですか。...

akanuma_keiko akanuma_keiko

バックナンバー(もっと見る)