ジェフ便り

【相模原vs千葉】レポート:主導権を握り続けてもシュートの精度不足で、セットプレーから失点して0-1の敗戦

尹晶煥監督「今のいい雰囲気を、この流れをつなげていくためにも次の試合がすごく大事と言っているので、もう一回ミーティングの時に話をしようと思っています」

2021年09月03日 17:59 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

〇尹晶煥監督

Q:前節(第27節)の長崎戦は何度見返しても本当に楽しい、完璧なというか、いいゲームだったと思うのですが、改めて尹監督ご自身があのゲームにおいて一番ポジティブだと思っているところは、どのようなところでしょうか。

「守備のところは、前からプレッシャーに行く時と行かない時のそのメリハリもありますし、攻撃は本当にみんなが落ち着いてボールを持ちながら少しずつ前に行って、その中でシュートまでもっていくシーンもけっこう多かったです。まあ、全体的に完璧ではないんですけど(笑)、でも、本当に自分が思ったよりももっといい試合ができたなという感じだったので。あの試合のインタビューの時もすごく嬉しくて、変に高揚してしまってああいうふうに言ってしまった感じなんですけど、長崎に勝ちたい気持ちがすごくあったので、勝ってすごく嬉しかったです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「自分たちの価値を高めるために、目の前の一つひとつの試合で勝利をつかむことが大事」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「ゴール前のところでもう少し人数をかけられるように、自分も含めて積極的に攻撃参加していきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

見木友哉選手「相手のプレスを外すことが一番のポイントかなと、個人的には思います」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)