ジェフ便り

【相模原vs千葉】レポート:主導権を握り続けてもシュートの精度不足で、セットプレーから失点して0-1の敗戦

矢田旭選手「ここ2試合はいい距離感で味方と(プレー)できているし、崩しのところにも関われている」

2021年09月03日 10:11 by akanuma_keiko

写真=2020年2月20日撮影

○矢田旭選手

Q:第26節・甲府戦で頭を負傷されましたが、大丈夫ですか。

「痛かったですけど、今ではもう良くなりました。もう抜糸もして、まだちょっと痛いですけど、サッカーをやる分には大丈夫です」

Q:ヘディングの怖さもないですか。

「ほぼないです。大丈夫になりました、サッカーの練習を抜けることなく、意外と早く復帰できたので良かったですね」

Q:それは大きかったですね、頭を打ったので、大丈夫かなと思ったのですが。

「そうですね。それで1週間、サッカーをやらなかったら、一からではないけど、またやり直しだったので、そういう部分では良かったです。大事に至らなくて」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「自分たちの価値を高めるために、目の前の一つひとつの試合で勝利をつかむことが大事」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「ゴール前のところでもう少し人数をかけられるように、自分も含めて積極的に攻撃参加していきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

見木友哉選手「相手のプレスを外すことが一番のポイントかなと、個人的には思います」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)