ジェフ便り

【相模原vs千葉】レポート:主導権を握り続けてもシュートの精度不足で、セットプレーから失点して0-1の敗戦

【相模原vs千葉】レポート:主導権を握り続けてもシュートの精度不足で、セットプレーから失点して0-1の敗戦

2021年09月05日 20:08 by akanuma_keiko

千葉はまたしても同じ過ちを繰り返してしまった。前回対戦と同様に、千葉がペースをつかんで優位に攻めながらも決定機で決めきれず、千葉の攻撃に粘り強く耐えた相模原が少ないチャンスをモノにする。セットプレーが前回対戦はロングスローで、相模原がそこからの3本の連続シュートで先制点を奪ったのに対して、今節はCKから一発のヘディングシュートで先制点を奪ったという違いはあった。さらに、相模原は前回対戦時の三浦文丈前監督から高木琢也監督に代わり、スタメンには夏の補強で獲得した選手が4人という違いもあった。だが、それでも千葉は相模原の守備の壁を崩しきれず、再び0-1で敗れた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)