ジェフ便り

【千葉vs鹿児島】レポート:シュート決定力、マークやポジショニングのミスなど課題は残るも2-1で勝ちきる

鈴木椋大選手「前回(第16節)はホームでやられているので、皆さんが喜んでくれるようなゲームができればなと思います」

2019年06月14日 11:34 by akanuma_keiko

【写真】前節(第17節・栃木戦)は第4節・水戸戦以来のスタメン出場だった鈴木椋大は、前回出場時は1失点だったのが前節は無失点に対して「シュートが飛んでこなかったので。フィールド(プレーヤー)のみんなが本当によく走ってくれた」とチームメイトに感謝した。

●鈴木椋大選手:
Q:前節(第17節・栃木戦)は第4節・水戸戦以来の出場ということで、やはりすごく思うところがあってピッチに立たれたのかなと思うのですが、そのあたりはいかがですか。
「まあ、そうですね。やっぱりGKが代わる時はチームがよくない時ですし、前回の水戸戦もそうでしたけど、今回もその前の試合(第16節・長崎戦)で4点取られてという中での(スタメンの)交代だったんですけど、でも、そんなにその時の試合がチームとして悪かったかといったら、別にそんなに悪いゲームをしていなかったので。その中での交代という意味で、自分が使われる意味というのもたぶんあったんだろうけど、そこはあんまり深く考えず、とりあえず自分ができることを精いっぱいやろうという気持ちで入りました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【無料掲載】11/13練習の様子(6枚)

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都戦直前レポート】攻撃は『大外』と『裏』を忘れずに意識して狙い、2度追いも入れながらタイトに守る

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

堀米勇輝選手「次は最後のところで決める。それだけです」

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)