ジェフ便り

【千葉vs鹿児島】レポート:シュート決定力、マークやポジショニングのミスなど課題は残るも2-1で勝ちきる

鳥海晃司選手「サイドバックが出てくると聞いているので、そういうところはチャジさん(茶島雄介)と連係をとりながら、タイトに守備に行きたい」

2019年06月14日 11:48 by akanuma_keiko

●鳥海晃司選手:

Q:(第13節)山形戦でスタメン出場をされて(1-3で負けて途中交代して)悔しい思いをされて、前節(第17節・栃木戦)でスタメン出場されましたが、山形戦でプレーされた3バックの中央ではなくて右サイドでした。もちろん違いはあったと思いますが、どのような感触でしたか。
「うーん、右のほうが前に関わるので、前の選手のサポートだったりというのを意識して、試合に入りました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

米倉恒貴選手「チームとしてこれは絶対に揺るがないという安定したところを毎試合出していければ」

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)