ジェフ便り

【千葉vs鹿児島】レポート:シュート決定力、マークやポジショニングのミスなど課題は残るも2-1で勝ちきる

【千葉vs鹿児島】プレビュー:鹿児島のサイド攻撃とカウンター攻撃を封じ、長短のパスを織り交ぜてゴールを狙う

2019年06月14日 15:16 by akanuma_keiko

第16節・長崎戦はセットプレーから1失点、カウンター攻撃の形から3失点を喫し、1-4で敗れた千葉は、前節(第17節・栃木戦)では守備の改善を図る意味合いもあって、3人のスタメン変更を行なって臨んだ。GKに鈴木椋大、3バックの右サイドに鳥海晃司、そして右ウイングバックにはカウンター対策からスピードのあるゲリアを起用。栃木のカウンター攻撃を何回か受けたものの、公式記録では栃木のシュートは3本という数字に加えて、無失点で試合を終えることができた。その一方で、公式記録の千葉のシュート数も4本と少なく、ボールを保持できても栃木を脅かすような攻撃ができず、思うようにはフィニッシュに持ちこめなかった。前述の3人は守備面だけでなく攻撃面でもそれぞれ長所を持っているが、例えばトレーニングではスペースに積極果敢に攻め上がったり、いいタイミングでクロスボールを上げたり、時には自らシュートを打ったりするゲリアは、相手の守備や味方との連係の問題もあって、前節ではそこまで活躍できなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

堀米勇輝選手「こういうタイミングで使ってくれたのに結果を出せなかったのはすごく申し訳ない。でも、自分は逃げずに千葉がよくなるために必死になってやっていきたい」

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

茶島雄介選手「負けていて攻めなきゃいけない状況の時に、あれだけカウンター攻撃を食らっているということは、ボールの取られ方が悪いというのもありますし、攻めている時にやっぱりバランスが悪いのかなと思います」

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)