ジェフ便り

【千葉vs長崎】レポート:攻撃の形は作るもアイデアと精度が不足し、カウンター攻撃での連続失点もあって大敗

【千葉vs長崎】レポート:攻撃の形は作るもアイデアと精度が不足し、カウンター攻撃での連続失点もあって大敗

2019年06月03日 15:19 by akanuma_keiko

得意なはずのセットプレーのチャンスが数多くありながらも得点できず、逆にセットプレーで先制点を奪われ、5月30日にはそういった状況を想定して対応するトレーニングを行なうほど、十分に警戒していたはずの相手のカウンター攻撃で失点を重ねる。千葉としては何とも歯がゆく悔しい敗戦となった。前節(第15節・東京V戦)に続いて、決定機を作りながらもモノにできない決定力不足と、カウンター攻撃に対するリスク管理も含めて守備の脆さが、改めて露呈した一戦だった。

今節の千葉は前節とまったく同じスタメンだった。一方、長崎はセンターバックのイ サンミンが鼻骨を骨折したということで、代わりに徳永悠平を起用。また、左サイドハーフは第13節・新潟戦までほぼ全試合スタメン出場してきた澤田崇が負傷欠場中し、第14節・金沢戦では大本祐槻、第15節・徳島戦では翁長聖をスタメンで起用してきた。だが、今節では、長崎の手倉森誠が対千葉を考えた時に適しているのではないかと判断した吉田雅和を抜擢。結果的にこの采配が奏功した勝利となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

鳥海晃司選手「アカデミー出身としてこのクラブのためにやって行かないといけない。監督に(前半で交代)そういう選択をさせないようなプレーをしなければいけない」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)