ジェフ便り

【千葉vs長崎】レポート:攻撃の形は作るもアイデアと精度が不足し、カウンター攻撃での連続失点もあって大敗

為田大貴選手「攻撃回数が増えていることは確かだし、(プレーに)余裕を持てる時間が長い。フリーの状態で(パスを)もらえる機会が増えているのがその要因になっている」

2019年06月01日 12:28 by akanuma_keiko

【写真】ボールの受け手の特長を生かすクロスボールを入れていることに対して、為田大貴は「攻撃回数が増えていることは確かだし、(プレーに)余裕を持てる時間が長い。フリーの状態で(パスを)もらえる機会が増えているのがその要因になっているのかな」と振り返った。

●為田大貴選手:
Q:前節(第15節・東京V戦)に関しては、試合のあとは反省の言葉を割と多く効かせていただきましたが、先制点の場面はクレーベ選手にうまく合ったクロスボールでしたが、あれは狙いどおりに行った感じだったのですか。
「そうですね。常にそのクレーベの高さというのは意識していきたいと思いますし、ああやって何本もクロスボールを上げて1点入れば、それは結果的によかったと思うので、これからもそういう高さのところは行かしたいと思いますし、クレーベの特長というのはチームとして生かしたいと思います。(昨季まで2シーズン在籍した)ラリベイの特長をみんな生かせられたので、クレーベの特長も生かしながら。まあ、今は得点も増えているし、チームとしてもフィットしているので」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【栃木戦直前レポート】ボールホルダーに厳しくプレッシャーをかけ、クサビのパスのあとの攻め方を大事にする

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【無料掲載】11/21練習の様子(6枚)

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)