ジェフ便り

【千葉vs長崎】レポート:攻撃の形は作るもアイデアと精度が不足し、カウンター攻撃での連続失点もあって大敗

【千葉vs長崎】プレビュー:相手の変化やカウンター攻撃に賢く対応し、しぶとく戦って内容のいい勝利を求める

2019年06月01日 17:16 by akanuma_keiko

 

6試合負けなしで3連勝中だった東京Vと対戦した前節(第15節)の千葉は、前線から連動してプレスをかけて東京Vの攻撃を限定させ、サイド攻撃を仕掛けた。11分には左サイドを突破した為田大貴のクロスボールからクレーベが決定的なヘディングシュート。これはゴールポストに当たってノーゴールとなったが、このこぼれ球に船山貴之が素早く反応して蹴りこみ、先制ゴールを奪った。千葉は前半のうちに茶島雄介、為田、堀米勇輝が決定的なシュートを放ったが、東京VのGKの上福元直人のファインセーブに阻まれたり、ゴールポストのわずか横にシュートが外れたりして、追加点を奪えなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

山下敬大選手「1点取って、やっぱり2点目というのを意識しなくちゃいけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)