ジェフ便り

【千葉vs長崎】レポート:攻撃の形は作るもアイデアと精度が不足し、カウンター攻撃での連続失点もあって大敗

【長崎戦直前レポート】攻守の切り替えの速さと的確な状況判断で、素早いフィニッシュと賢い守り方を意識

2019年05月31日 20:18 by akanuma_keiko

真夏のような強い陽射しが照りつけていたものの、湿度が低いため風が吹くと爽やかに感じられた5月30日のユナイテッドパーク。とはいえ、気温の高さと肌を刺すような陽射しの影響をもろに受けた状態でトレーニングに励む選手たちは、少し動くと汗びっしょりとなり、こまめに飲水をしていた。

この日のGK陣のトレーニングは、筆者が見ていた時のメニューではシュートストップというよりは、ボールを保持してから味方に渡すビルドアップの部分を意識したものになっていた。まずサイドから上がったハイボールをキャッチすると、中央に向かって持った簿ボールをスローイング。すぐさま、自分の前から来たボールをコントロールすると、前へ蹴り出すというものだった。一つひとつのプレーの間に時間的な余裕はなく、連続して素早くプレーすることが求められた。

【写真】GK陣のビルドアップに関わる部分も含めたトレーニングで、ハイボールをガッチリとキャッチする佐藤優也。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

江尻篤彦監督「本当にやっている、いい選手を使っていきたいなと思うし、トレーニングでもきっちりやっているヤツが(試合に)出て行く」

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【大宮戦直前レポート】パスコースを限定させてボールを奪い、素早い攻守の切り替えでシュートを狙う

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)