ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

記事タイトル一覧

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

記事テーマ:スタジアムからの便り

キックオフから千葉は前からプレスをかけてボールを奪いに行き、後半の途中にその出足の鋭さが鈍って運動量が落ちると、選手たちが自ら判断してボールを奪いに行くラインを下げ、ブロックを作ってかまえながら守る。今季はそういった試合の中での柔軟な対応ができずに苦しみ...

akanuma_keiko akanuma_keiko

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

記事テーマ:スタジアムからの便り

Q:今日は試合を通して守備がすごくよかったと思うのですが、それについてはどのような意識でやっていたのですか。対ヴェルディみたいなところがあったり、狙いどころがハッキリしていたりというのはあったのですか。「今日は守備しかしてないです。でも、狙いどころもそこ...

akanuma_keiko akanuma_keiko

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

記事テーマ:スタジアムからの便り

●熊谷アンドリュー選手:Q:今日の守備は前からプレスをかけに行って、前節(第39節・金沢戦)とは違いましたが、前への意識がしっかり出たという感じでした。そのあたりを振り返ってどうですか。「やっぱり(東京Vは)一人ひとりのボールの回し方がうまかったですし、...

akanuma_keiko akanuma_keiko

佐藤優也選手「俺が何かをしたわけでもないので、DFが本当に頑張ってくれた。ボランチとかも相当きつかったと思うけど、その中でよく耐えてくれたなと思います」

記事テーマ:スタジアムからの便り

●佐藤優也選手:Q:今日は無失点の守備でした。それについてGKの立場からいかがですか。「いや、GKの仕事をしたのか、どうなのかっていう感じです」Q:それくらい前の選手が頑張って…。「もうDFが頑張ってくれたので、GKとしては何もないでしょう」

akanuma_keiko akanuma_keiko

【千葉vs東京V】プレビュー:引き分けでもJ2残留確定だが、アイデアのある動きの攻撃と粘り強い守備で勝利を狙う

記事テーマ:スタジアムからの便り

前節(第39節)の千葉は、金沢がしっかりとパスをつなぐ一方で、ディフェンスラインの裏やターゲットになる垣田裕暉へロングボールを入れてくることから、前からプレスをかけに行ってボールを奪うのではなく、ブロックを作ってかまえた状態で設定ラインに相手が入ってきた...

akanuma_keiko akanuma_keiko

【無料掲載】11/7練習の様子(6枚)

記事テーマ:ユナパからの便り

ゴール前の2対2の攻守、カウンターでの2対2の攻守のトレーニングで、ボールホルダーの佐藤寿人の動きに合わせ、ボールを引き出す動きをする工藤浩平。ゴール前の2対2の攻守、カウンターでの2対2の攻守のトレーニングで、対峙するベラスケスをかわそうとドリブルで仕...

akanuma_keiko akanuma_keiko

【東京V戦直前レポート】効果的な『動き出し』とダイアゴナルランを使い、タイトな守備を徹底して失点を阻止

記事テーマ:ユナパからの便り

朝の気温は11月らしく低かったが、時間の経過とともに気温が上昇。そして、何よりも11月とは思えないのが陽射しの強さで、まるで夏のように肌に突き刺さり、トレーニングが終了する頃には筆者の黒の一眼レフカメラはボディもレンズもすっかり熱くなっていた。選手やコー...

akanuma_keiko akanuma_keiko

下平匠選手「残り3試合で1つでも多く勝つということしか考えてない」

記事テーマ:ユナパからの便り

【写真】前節(第39節・金沢戦)はペナルティエリアに入る動きを見せていた下平匠は「相手がマンツーマンでついてくる中で、人を置いて行けるような位置取りができれば、フリーでボールを持てたり、相手の形が崩れたりというのがあったので意図的だった」と話した。 Q...

akanuma_keiko akanuma_keiko

米倉恒貴選手「自分たちがどんな相手でもこれはできるというような形を作りたい」

記事テーマ:ユナパからの便り

【写真】前節(第39節・金沢戦)はサイドでパスをつなぐ攻撃とクレーベへのロングボールの攻撃を使い分けていたが、米倉恒貴は「みんながもっとパスコースに入ってつながなければいけなかった。パスコースがありながらロングボールの選択ができるのが一番」と語った。 ...

akanuma_keiko akanuma_keiko

江尻篤彦監督「J2残留は決まっていないので、ホームで選手の意地を見てみたいし、逆にそういう意地を出させたい」

記事テーマ:ユナパからの便り

【写真】ゴール前の2対2の攻守、カウンターでの2対2の攻守のトレーニングで、選手に向かってやるべきプレーを叫ぶ江尻篤彦監督。●江尻篤彦監督:Q:前節(第39節・金沢戦)で勝って、前節終了時点で21位の栃木との直接対決は残っていますが、J2残留には勝点をあ...

akanuma_keiko akanuma_keiko

バックナンバー(もっと見る)