ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

2019年11月10日 19:42 by akanuma_keiko

●熊谷アンドリュー選手:
Q:今日の守備は前からプレスをかけに行って、前節(第39節・金沢戦)とは違いましたが、前への意識がしっかり出たという感じでした。そのあたりを振り返ってどうですか。
「やっぱり(東京Vは)一人ひとりのボールの回し方がうまかったですし、しっかりした技術を持っていたので、プレッシャーはなかなかかけにくかったですけど、みんなが我慢してやっていたぶん、焦れずにやったぶん、相手のミスで何度かカウンター攻撃の部分でチャンスを作れたのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

山下敬大選手「1点取って、やっぱり2点目というのを意識しなくちゃいけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)