ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

下平匠選手「残り3試合で1つでも多く勝つということしか考えてない」

2019年11月09日 11:56 by akanuma_keiko

【写真】前節(第39節・金沢戦)はペナルティエリアに入る動きを見せていた下平匠は「相手がマンツーマンでついてくる中で、人を置いて行けるような位置取りができれば、フリーでボールを持てたり、相手の形が崩れたりというのがあったので意図的だった」と話した。

Q:前節(第39節・金沢戦)での先制点の得点シーンのところは、下平選手はペナルティエリアの中に切り込んでいって船山選手にパスを出していましたが、あのあたりは選手たちの中でフィニッシュまでのイメージの共有ができていた感じだったのですか。 「相手がマンツーマンでついてくる中で、人とボールが動けばああいうふうな感じで崩れるというのは、(スカウティングの試合の)映像で見たりだとかして、イメージはチームとして持てていたので、それが1ついい形になったのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「全選手が前節の試合と同様に一致団結した試合を見せられるように準備をしています」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

ゲリア選手「松本にボールを多少持たれることは想定しているので、そういうところを含めてゲームをコントロールしたい」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

新井一耀選手「良かったところが続いていかなかったりするのが、正直、今の現状だと思うので、そこを変えていかなきゃいけない」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)