ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

江尻篤彦監督「J2残留は決まっていないので、ホームで選手の意地を見てみたいし、逆にそういう意地を出させたい」

2019年11月08日 19:51 by akanuma_keiko

【写真】ゴール前の2対2の攻守、カウンターでの2対2の攻守のトレーニングで、選手に向かってやるべきプレーを叫ぶ江尻篤彦監督。

●江尻篤彦監督:

Q:前節(第39節・金沢戦)で勝って、前節終了時点で21位の栃木との直接対決は残っていますが、J2残留には勝点をあと1ポイント積み上げればというところですが、それについてはどうでしょうか。
「そうですね。まだ何も決まっていないので、気を引き締めてポイント1というよりも、ホームゲームでしっかり勝つということのほうが重要かなと思っているので、気を引き締めて戦いたいなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「全選手が切実な思いを持って、強い気持ちを持って臨まなければいけない」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

増嶋竜也選手「どんな形でもいいので勝ってチームの自信にしたい」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

堀米勇輝選手「セットプレーが鍵になる」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)