ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】プレビュー:引き分けでもJ2残留確定だが、アイデアのある動きの攻撃と粘り強い守備で勝利を狙う

2019年11月09日 18:40 by akanuma_keiko



前節(第39節)の千葉は、金沢がしっかりとパスをつなぐ一方で、ディフェンスラインの裏やターゲットになる垣田裕暉へロングボールを入れてくることから、前からプレスをかけに行ってボールを奪うのではなく、ブロックを作ってかまえた状態で設定ラインに相手が入ってきたらボールを奪いに行く守備を選択。30分にCKからの流れで失点し、その他にも金沢に決定機を作られはしたが、第37節・柏戦から2試合連続で3失点していたのが1失点に抑えるなど、守備のやり方の変更が奏功した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)