ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【東京V戦直前レポート】効果的な『動き出し』とダイアゴナルランを使い、タイトな守備を徹底して失点を阻止

2019年11月09日 16:09 by akanuma_keiko

朝の気温は11月らしく低かったが、時間の経過とともに気温が上昇。そして、何よりも11月とは思えないのが陽射しの強さで、まるで夏のように肌に突き刺さり、トレーニングが終了する頃には筆者の黒の一眼レフカメラはボディもレンズもすっかり熱くなっていた。選手やコーチングスタッフ、管理スタッフもトレーニングの開始時は重ね着をしていたようだが、トレーニングが進むにつれて上に着用していたウェアを脱ぐ人もいた。

GK陣は櫛野亮GKコーチの指導でシュートストップのトレーニングを行なっている一方で、フィールドプレーヤーはウォーミングアップのメニューを終えると、10時20分頃までパス&ムーブのトレーニングを行なった。この日はかなり動きの量が多く、長距離を移動してボールを受けていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)