ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

米倉恒貴選手「自分たちがどんな相手でもこれはできるというような形を作りたい」

2019年11月09日 11:56 by akanuma_keiko

 

【写真】前節(第39節・金沢戦)はサイドでパスをつなぐ攻撃とクレーベへのロングボールの攻撃を使い分けていたが、米倉恒貴は「みんながもっとパスコースに入ってつながなければいけなかった。パスコースがありながらロングボールの選択ができるのが一番」と語った。

Q:前節の2点目のシーンは、米倉選手ならではの突破力というか、そういったところで決まったような感じでしたが、点を取るためには仕掛けていこうという狙いというか・・・。
「そうですねえ。まあ、仕掛けていこうというか、そんなに考えてないです(苦笑)」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)