ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:攻守で前への推進力を発揮するも『1点』が遠い中、交代出場の髙橋の劇的な得点で勝つ

【千葉vs岡山】プレビュー:岡山は7試合負けなしで3連勝中と好調だが、冷静な判断と積極的な攻守で勝利を目指す

2022年05月08日 11:17 by akanuma_keiko

5連戦のちょうど中間となる第13節・大分戦は0-3で完敗し、攻守ともに修正を図って臨んだ前節(第14節)の徳島戦。守備時には2トップ気味になるようにチアゴ デ レオンソをサウダーニャがサポートし、大分戦よりは改善された前からのプレスだが、攻撃時のボールロストの位置の悪さもあってプレスのスタート位置が低くなるなど、効果的なプレスをかけられたのは、前半のうちの短い時間だけだった。攻撃面では、左ウイングバックでスタメン出場する末吉塁を右ウイングバックに置き、2シャドーの右サイドでサウダーニャがスタメン出場したことで、右サイドで彼らのスピーディーな突破を生かそうとした。しかし、徳島の高いディフェンスラインの裏のスペースを狙うロングパスが多くなり、それがうまく味方に合わずにボールを失う場面が見られた。結局、千葉の決定機といえるのは69分に交代出場した高木俊幸が、81分にカットインから放ったシュートの1回だけ。66分に徳島がディフェンスラインからビルドアップするのを止められず、ゴール前に上がってきた白井永地にうまくシュートを決められ、0-1の敗戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】プレビュー:熊本の流動的な攻撃に対して粘り強く守り、マンマークをかわして積極的に得点を狙う

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)