ジェフ便り

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

2021年12月06日 11:45 by akanuma_keiko
2021年12月06日 11:45 by akanuma_keiko

千葉は7勝5分、岡山は6勝6分と、12試合負けなしのチーム同士の対戦とはいえ、直近5試合に限って見れば、千葉の2勝3分に対して岡山は3連勝を含む4勝1分と、より勝ちきる試合をしていたのは岡山だった。そして、試合の立ち上がりから前半の飲水タイムあたりまでペースを握ったのは岡山だが、千葉は粘り強い守備で岡山に決定機を作らせなかった。前半の終了間際にセットプレーからの流れで末吉塁が先制点を奪うと、後半の早い時間にまたもやセットプレーからの流れで櫻川ソロモンが追加点を奪取。さらに63分には、サウダーニャが突破から決定的なシュートを放ったのを、岡山のGKの梅田透吾がセーブし、そのこぼれ球を拾った末吉のパスから見木友哉が勝利を引き寄せる『3点目』を奪った。ここまでは理想的とはいえないまでも、修正を図って確実に得点を重ねるという、いい試合運びだった。だが、後半のアディショナルタイムにミス絡みで1点を失ったのはもったいなかったし、来季、千葉がJ1に昇格していくには決して許してはいけない失点の形だ。また、千葉が本当に強いチームになるには、意識してやっていかなくてはならない細かい部分が、選手個々の意識の問題もあってまだできていないのが見られた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】プレビュー:CKや左右に揺さぶる攻撃に隙なく対応し、工夫を凝らした予想外の攻撃を仕掛けたい

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)