ジェフ便り

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】プレビュー:千葉と同じ12戦負けなしの岡山の堅守を破り、速くて流動的な攻撃に対応して守りたい

2021年12月04日 18:58 by akanuma_keiko
2021年12月04日 18:58 by akanuma_keiko

前節(第41節)は引き分け以上の結果でJ1昇格が確定する京都をフクアリに迎えた千葉。今季のホームでのラストゲームを勝利で飾りたいという思いに加え、第40節終了時点で2位の京都との勝点差が6の3位の甲府の結果次第とはいえ、目の前で京都のJ1昇格確定を見たくない思いもあって勝利を目指した。だが、前半は組織的で強度が高い京都のプレスに苦しみ、思うように攻撃を組み立てることができず、完全に京都に主導権を奪われた形になった。それでも、体を張った粘り強い守備で前半を無失点に抑えると、後半は京都の攻守の推進力がやや衰えたこともあって、千葉が反撃。カウンター攻撃を仕掛けるなど得点チャンスを作ったものの決めきれず、無得点に終わった。一方で、最後まで我慢強く守ったこともあって京都に得点を許さず、結果はスコアレスドロー。甲府が勝利を収めただけに、千葉が京都に勝っていれば、京都のJ1確定は最終節まで持ち越しとなったのだが、千葉が勝ちきれなかったため、千葉の目の前で京都がJ1昇格を確定させた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

村井慎二さん「あの時の基盤を知っている選手が、ジェフの各所にいる。それを忘れずに伝えていきたいなと思います」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

イリアン・ストヤノフさん「2005年と2006年は本当にすごく大切なメモリー。オシムさんはすごく勉強家で、一番いい監督だった。自分もとても勉強になりました」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)