ジェフ便り

【千葉vs徳島】レポート:シュート23本も1得点と決定力不足を露呈し、守備の隙を突かれた失点で引き分け

【千葉vs徳島】レポート:シュート23本も1得点と決定力不足を露呈し、守備の隙を突かれた失点で引き分け

2019年09月23日 19:35 by akanuma_keiko

どちらが勝ってもおかしくない試合だった。千葉が勝つチャンスは大いにあった一戦だった。23本ものシュートを打ちながら、得点はクレーベのPKによる1点のみで、シュートの精度を欠いての決定力不足という攻撃面の課題が残った。その一方で、徳島には16本ものシュートを打たれ、相手をフィニッシュにまで持ちこませない守備という点では大きな課題が残った。

だが、千葉が先制したことで徳島が点を取りに行く試合展開になったにしても、一時期の千葉はなかなかフィニッシュまで持ちこめなかった。相手の反撃を受けると防戦一方になってしまい、そこで耐えきれずに連続失点をすることもあった。徳島の決定力不足に助けられた場面も多かったが、体を張って失点を阻止した守備はあったし、相手のマークをかわしたり、アイデアを生かしたりしてシュートで終わる攻撃ができたことも確かだ。得た勝点は欲しかった3ではなく1にとどまり、攻守の課題は残っている。それでも、4連敗を喫するなど悪かった時期よりは前進した部分もある。J2残留に向けて課題をクリアすることはもちろん、良かった点を増やすことも重要だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)