ジェフ便り

【千葉vs徳島】レポート:シュート23本も1得点と決定力不足を露呈し、守備の隙を突かれた失点で引き分け

佐藤優也選手「募金もすごく多く集まっているので、自分たちもそういう頑張りに負けないくらい、闘わなきゃいけないなと思います」

2019年09月21日 08:52 by akanuma_keiko

【写真】前節(第32節・水戸戦)は1失点したものの勝利に貢献した佐藤優也は「千葉県全域が(台風15号の影響で)ああいう状況で苦しい生活の中で来てくれた人もいると思う。その中で自分がピッチに立って粘り強く勝てて、チームに貢献できたのかなと思う」と話した。


Q:前節(第32節・水戸戦)は優也選手にとっては(第16節・長崎戦以来となる)久しぶりの出場でしたが、どのような思いで臨まれたというか…。
「いやあー、どのような思いというよりも、チームもこういう状態ですし、タイミングも(台風15号の影響で)千葉県全域もああいう大変な状態だったし、本当にそういうつらい思いというか、苦しい生活の中でたぶん(フクアリに)来てくれた人もいるだろうし、そういう中で自分がピッチに立って、ああやって粘り強く戦って勝利ができたというのは、1つチームに貢献できたかなという部分はありますけどね」

Q:優也選手のご実家のほうは大丈夫でしたか。
「はい、うちのほうは大丈夫ですよ。やっぱり(千葉県内の)南の人のほうが多くSNSとかでもコメントをいただきましたし、そういう部分で何か自分にできるのはピッチに立って勝利を分かち合うというのがたぶん一番だと思ったので」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【栃木戦直前レポート】ボールホルダーに厳しくプレッシャーをかけ、クサビのパスのあとの攻め方を大事にする

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【無料掲載】11/21練習の様子(6枚)

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)