ジェフ便り

【千葉vs徳島】レポート:シュート23本も1得点と決定力不足を露呈し、守備の隙を突かれた失点で引き分け

クレーベ選手「今日はGKがちょっとずっと止まっていて動かなかったので、自分であそこに蹴ろうと選択して蹴りました」

2019年09月22日 19:28 by akanuma_keiko

●クレーベ選手:

Q:見事なPKでの先制点でしたが、前節(第32節・水戸戦)のPKとはまたちょっと違う蹴り方でしたね。
「今日はGKがちょっとずっと止まっていて動かなかったので、自分であそこに蹴ろうと選択して蹴りました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

高橋壱晟選手「まずは勝てたことが何よりも良かったです」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

川又堅碁選手「いろいろと感慨深いゴールでした」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)