ジェフ便り

【千葉vs徳島】レポート:シュート23本も1得点と決定力不足を露呈し、守備の隙を突かれた失点で引き分け

【無料掲載】9/19練習の様子(写真6枚)

2019年09月20日 20:57 by akanuma_keiko


ディフェンスラインのビルドアップからフィニッシュに持ちこむ攻撃のトレーニングで、鈴木椋大が守るゴールマウスにシュートを決める船山貴之。


ディフェンスラインのビルドアップからフィニッシュに持ちこむ攻撃のトレーニングで、ヘディングシュートを決めたり、ゴールにつながるクロスボールを上げたりしていた本田功輝。


15分間のフリー練習で、味方のパス交換からのシュート練習をしていた堀米勇輝は、障害物の人型ダミーをうまく縫うようにしてボールを運び、シュートを打っていた。


15分間のフリー練習の時間、米倉恒貴はスパイクを脱いで下平匠とランニングをしていた。


15分間のフリー練習で、小田晋太郎通訳とロングパスの交換をやったあと、リフティングをしていたゲリア。


15分間のフリー練習で、味方のパス交換からのシュート練習をしていた工藤浩平は、他の選手よりもシュート決定率が高かったようで、得意げな表情を見せていた。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)