ジェフ便り

【千葉vs愛媛】レポート:前半に2点リードしたものの、後半の愛媛の変化に対応できずに連続で逆転負け

【千葉vs愛媛】プレビュー:自分たちの変化や相手の意図的な変化に対応し、的確に賢く戦えるかが勝利の鍵

2019年08月09日 19:00 by akanuma_keiko

3連戦のラストゲームだった前節(第26節・鹿児島戦)は、ハイプレスの守備でボールを奪い、左サイドを基点にした攻撃を仕掛けた。千葉のディフェンスラインの背後のスペースを狙ったり、サイドからパスワークで仕掛けたりする鹿児島の攻撃にピンチになる場面もあったが、前半は鈴木椋大のセーブなどで失点を防いだ。28分に堀米勇輝のCKからクレーベが先制点を奪ったが、追加点が取れないまま前半が終了。後半になるとギアを上げた鹿児島が攻勢に出て千葉は押し込まれ、江尻篤彦は自陣の右サイドが攻められているのに対応しようと、56分に堀米に代えて佐藤勇人を入れた。だが、攻撃のキーマンだった堀米がピッチを去り、攻めこむことで相手を守備に回らせて攻撃力を削いでいた効果が減少。守備時の1対1の局面で相手に競り勝てず、58分と74分に連続失点する一方で、千葉は後半に1本のシュートも打てずに1-2の逆転負けを喫した。江尻監督も選手たちも相手の変化への対応力不足を露呈した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

見木友哉選手「(プロ初ゴールは)率直にうれしいですけど、チームとして勝てなかったので、悔しさのほうが大きいです」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

エベルト選手「センターバックの選手、DFの選手としては毎試合失点していることは本当に悔しいし、自分たちでコミュニケーションをとって、何とか失点しないようにしなきゃいけない」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)