ジェフ便り

【千葉vs愛媛】レポート:前半に2点リードしたものの、後半の愛媛の変化に対応できずに連続で逆転負け

新井一耀選手「90分通してコミュニケーションをとって守れるようにしたい」

2019年08月09日 15:01 by akanuma_keiko

 

愛媛はサイドで逆サイドの端までボールの位置を変えるようなサイドチェンジが得意だが、新井一耀は「今は前から(守備に)行ってくれているので、相手に(ボールを)蹴らせない守備もできているし、蹴られてもコースを限定させてもらっている」と話した。

●新井一耀選手:
Q:前節(第26節・鹿児島戦)は1-2の逆転負けになってしまいましたが、前半は自分たちの形がよく出せていたなと思います。まず前半を振り返ってみていかがですか。

「最近の試合は入りがよくて、それが本当に続けてできているので、そこの入り方はすごくよかったし、セットプレーですけど、そこで1点取れたというところはいい流れというか、いい入りでできていたので、そこは本当にいいことかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もちろん自分たちのサッカーをやらないといけないとは思います。ただ、守備の時間が長くなると思うので、その集中力のところを90分間保っていれば、僕らにもチャンスは絶対あると思う」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

新井章太選手「(川崎は)育ててもらった大事なクラブですし、僕にとって大切なチーム。だけど、今、僕が所属しているのはジェフなので、もう絶対にそんなことは頭に入れず、ジェフのゴールを守ることだけに集中して、しっかり全部止めたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「今回はやりづらさを感じているのは向こう(川崎)のほうなので、そういう隙をしっかり突いてやっていきたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)