ジェフ便り

【千葉vs愛媛】レポート:前半に2点リードしたものの、後半の愛媛の変化に対応できずに連続で逆転負け

【千葉vs愛媛】レポート:前半に2点リードしたものの、後半の愛媛の変化に対応できずに連続で逆転負け

2019年08月11日 19:05 by akanuma_keiko

 

前節(第26節・鹿児島戦)では、前半のうちに追加点を取れなかったことが勝敗の行方を左右した形になったが、今節では先制点奪取後、わずか3分で追加点を取ることができた。しかし、後半は千葉が決定機をモノにできなかったのに対して、後半開始からの選手交代(野澤英之から山瀬功治)、千葉のディフェンスラインのコントロールの不安定さを見越してスペースに出すパスなどで、流れを引き寄せた愛媛が3連続ゴールで逆転勝利。千葉は前節に続いて多くの課題が残った敗戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

見木友哉選手「(プロ初ゴールは)率直にうれしいですけど、チームとして勝てなかったので、悔しさのほうが大きいです」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

エベルト選手「センターバックの選手、DFの選手としては毎試合失点していることは本当に悔しいし、自分たちでコミュニケーションをとって、何とか失点しないようにしなきゃいけない」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)