ジェフ便り

【千葉vs愛媛】レポート:前半に2点リードしたものの、後半の愛媛の変化に対応できずに連続で逆転負け

茶島雄介選手「やっぱりコンパクトさを持ってやっていくことが大事だと思います」

2019年08月09日 14:51 by akanuma_keiko

【写真】前節(第26節・鹿児島瀬)は開幕戦の愛媛戦と同じ左サイドハーフで出場した茶島雄介は、「左サイドでフィニッシュまで行ききればいいですけど、そこでちょっと詰まりかけた時に左で押しきっちゃうのか、右に変えるのかという判断は自分たちの中でまだ確立されていない」と振り返った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

江尻篤彦監督「本当にやっている、いい選手を使っていきたいなと思うし、トレーニングでもきっちりやっているヤツが(試合に)出て行く」

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【大宮戦直前レポート】パスコースを限定させてボールを奪い、素早い攻守の切り替えでシュートを狙う

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)