ジェフ便り

【ちばぎんカップ】レポート:昨季の攻守の課題は残ってはいるもののCKで2点を奪い、PK戦を制しての勝利

増嶋竜也選手試合後のコメント「しっかりボールを保持して、しっかり手堅く守るということはできているところもあれば、やっぱりカウンターでピンチになる部分があった」

2019年02月17日 17:56 by akanuma_keiko

●増嶋竜也選手:
「2失点しているので、ディフェンスとしては抑えたかった部分もあるので。でも、しっかりボールを保持して、しっかり手堅く守るということはできているところもあれば、やっぱりカウンターでピンチになる部分があったので、そういうところをもうちょっとチーム全体として攻める時、守る時というのを使い分けできれば、もうちょっと安定した試合ができるのかなというふうには思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

高橋壱晟選手「まずは勝てたことが何よりも良かったです」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

川又堅碁選手「いろいろと感慨深いゴールでした」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)