ジェフ便り

【ちばぎんカップ】レポート:昨季の攻守の課題は残ってはいるもののCKで2点を奪い、PK戦を制しての勝利

【ちばぎんカップ直前レポート】攻守両面での的確なポジショニング、効果的なボールの動かし方を意識して実践する。

2019年02月16日 20:27 by akanuma_keiko

トレーニングが行なわれる時間帯の気温は5℃前後と低いことは予想されていたが、予想外の降雪に見舞われた2月15日のユナイテッドパーク。10時頃からチラチラと降り始めた雪は積もるほどの本降りにはならなかったものの、紅白戦形式の戦術練習の時には視界には邪魔になる量になり、たまたま筆者が撮影していた位置の近くにいた江尻篤彦コーチが筆者に気づいて「けっこう降ってきたね」とジェスチャー交じりに伝えるほどだった。だが、そんな厳しい寒さの中、ちばぎんカップの前々日のトレーニングはフアン エスナイデル監督の身振り手振りを入れての指導、選手はスタメン奪取に向けてのアピールもあって熱のこもったものになった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)