ジェフ便り

【ちばぎんカップ】レポート:昨季の攻守の課題は残ってはいるもののCKで2点を奪い、PK戦を制しての勝利

熊谷アンドリュー「攻撃にもっともっと関わらないといけないと思っているので、そこはもっと試合中に出せればいい」

2019年02月16日 20:07 by akanuma_keiko

紅白戦形式の戦術練習でゴールシーンにつながるボールの持ち上がりを見せた熊谷アンドリューは「攻撃にもっともっと関わらなくてはいけないと思うので、そこはもっと試合中に出せればいいかな」と話した。

 

●熊谷アンドリュー選手:
Q:日曜日(2月17日)にはちばぎんカップなのですが、この段階でのチームの仕上がり具合というのは、アンドリュー選手の目から見てどうですか。
「まあ、まだよくなるなっていう感じはありますけど、難しいです(笑)」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)