ジェフ便り

【ちばぎんカップ】レポート:昨季の攻守の課題は残ってはいるもののCKで2点を奪い、PK戦を制しての勝利

【ちばぎんカップ】レポート:昨季の攻守の課題は残ってはいるもののCKで2点を奪い、PK戦を制しての勝利

2019年02月18日 18:34 by akanuma_keiko

PK戦での決着とはいえ、プレシーズンマッチのタイトル獲得はポジティブな材料といえる。特に、その中で最も大きな収穫と考えられるのは、これまでの千葉には数少ない仕掛けられるドリブラーとして前線でポイントになり、プレースキッカーとして2得点をアシストした堀米勇輝が、戦力として高い数値を示したことだ。ただし、柏は攻守の要の大谷秀和が体調不良で欠場し、千葉よりも1週間あとの2月11日に指宿キャンプを終えてハードなスケジュールでの疲労の蓄積が抜けていない状態だった。強い風をうまく利用した堀米のCKから2得点を奪えたとはいえ、ボール保持率で柏を上回っていた割には、流れの中からゴールを奪えず、決定的な得点チャンスも作れなかった。それは、2失点した守備の課題と同様に昨季からの課題である、主導権を握っていても欲しい『1点』を奪いきれない試合が少なくないという攻撃の課題がまだ残っているからだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

佐藤寿人選手「もっと相手が嫌がることを、その場面、その場面でもっと考えて動いて行く必要がある」

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

乾貴哉選手「後半の早い段階で足が攣ってしまって、チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)