ジェフ便り

【千葉vs山口】レポート:山口のサイド攻撃に耐えて無失点で守り、狙いのカウンター攻撃などからの2得点で勝つ

【千葉vs山口】レポート:山口のサイド攻撃に耐えて無失点で守り、狙いのカウンター攻撃などからの2得点で勝つ

2022年04月29日 12:13 by akanuma_keiko



千葉にとっては、高い位置で保つことが多いディフェンスラインをコントロールする山口のセンターバックにはそれほどスピードがないというスカウティングの分析に基づき、1トップにスピードのあるサウダーニャを起用してカウンター攻撃を狙った一戦だった。結果的にその狙いが奏功し、第2節・琉球戦以来となる複数得点の2ゴールを奪い、さらに無失点に抑えて、第7節・新潟戦以来の勝利をあげた。山口がボールを保持して攻める時間をしっかり耐えて粘り強く守ったのは評価に値するが、後半は2点のリードによる心理的な影響と連戦の2戦目で疲労など身体的な影響もあったか、後半は守備に少し緩みが出て山口に複数の決定機を作られた。また、もう少ししっかりとボールをつなぎ、ボールを保持する時間を作って主導権を握るべきではあったものの、カウンター攻撃を意識するあまり、前へのロングパスが多くなったり、スピード重視のパスの精度が良くなかったりと、攻撃面で問題点も見られた。それでもやはり勝点3の獲得は大きい。ここ最近は第8節・町田戦や第9節・横浜FC戦のように、内容が良くても勝ちきれない試合があっただけに、攻守の課題は残ったものの、しっかりと勝ちきるという結果を残したのは大きかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)